介護施設だけじゃない!相談員が活躍する職場まとめ!

相談員が活躍する職場は多岐にわたり、介護から医療まで様々。では、これらの職場の相談員として働くにはどうすればいいのでしょうか?今回は、相談に求められる資格や、それぞれの職場での仕事内容などを踏まえて、相談員が活躍する職場をご紹介します。

介護施設の相談員として働くには?

介護施設の相談員として働く場合は、特別養護老人ホーム、デイサービス、ショートステイなど、様々な施設形態があります。

施設によっては生活指導員支援相談員と呼ばれることもあります。

介護施設ではサービスの利用手続きから始まり、利用者様やご家族の相談に乗ったり、介護職員やケアマネジャー、医師などと連絡業務を行います。相談業務意外にも、事務作業や営業活動、時には利用者様の送迎や、介護現場で介助を行う場合もあります。

一般的に介護施設で働く生活相談員になるには、以下のような資格が必要と言われています。

  • 社会保育士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格

しかし、最近では無資格でも働ける施設も増えています。ただ、介護職員初任者研修(ホームヘルパー)介護福祉士の資格を持っていると、採用選考で優遇されやすいでしょう。

生活相談員の役割

介護施設で働く生活相談員の役割は、利用者様が適切な介護サービスを受けられるようにするだけが仕事ではありません。利用者様の悩みを聞きだし、相談に乗って、利用者様の笑顔を作ることも大切な役割です。介護を行う職員には話せないような悩みも、生活相談員になら話せるという方もおられます。

ただ、施設側と利用者側にとって中立な立場となるため、両方から要望で板挟みになることもあるそうです。

介護施設の相談員

福祉用具専門相談員として働くには?

同じ介護業界には、福祉用具専門相談員という職業もあります。これは、介護が必要な方へ福祉用品をレンタルしたり、販売する仕事になります。

福祉用具の貸与は介護保険の対象となり、福祉用具貸与事業を行う事業所では福祉用具専門相談員を2名配置しなければならないと定められています。

福祉用具の使い方を適切にアドバイス出来る人材は少なく、福祉用具専門相談員は需要が高い職業となっています。

福祉用具専門相談員

また、介護の現場からは福祉用具を上手く使いこなせないという声も多く、知識が豊富な福祉用具専門相談員はある種の専門家として、指導する立場でもあります。

福祉用具専門相談員の資格意外にも、介護職員初任者研修福祉住環境コーディネーターといった資格を保有していると仕事の幅も広がるでしょう。

ちなみに、福祉用具貸与事業所で働く場合は電動ベッドや車いすなど、貸与した商品を回収に行くこともありますので、運転免許は必須となります

ケアマネジャーの資格取得を目指す方におすすめ

ケアマネジャーの受験資格でもある介護の実務経験5年以上には、福祉用具専門相談員の仕事も含まれます。そのため、キツイ身体介護はしたくないという人には福祉用具専門相談員がおすすめ。

福祉用具専門相談員として働く場合は、福祉用具専門相談員指定講習を受ける必要があります。福祉用具専門相談員指定講習は誰でも受講可能で、最短で5日で資格取得できます。

福祉用具専門相談員指定講習は、各都道府県で行う40時間の研修、または一般社団法人シルバーサービス振興会が行う50時間の研修が対象。ちなみに、看護師や保健師、介護福祉士の資格のある方は講習を受けなくても、福祉用具専門相談員の資格が取得できますよ。

ケアマネジャーの資格取得を目指す方におすすめ

障害者支援の相談員として働くには?

障害者支援の相談員は、身体障害者相談員や知的障害者相談員とも呼ばれており、身体障がい者が日常生活を送る上での様々な相談に応じて、必要な援助を行います。似たような仕事に生活支援員がありますが、こちらは生活を手助けすることがメインの仕事です。

介護施設の生活相談員と、障害者支援の相談員とでは仕事内容が異なります。障害者支援の相談員の主な仕事内容は次の通りです。

  • 日常生活用具の給付
  • ホームヘルパーの派遣
  • デイサービスなどの福祉サービスを受けられるようにする
  • 地域活動や行事への参加を手伝う
  • 地域の理解を深めたり公的機関に必要な情報を提供する

施設側と利用者側に板挟み?

実際、障害者支援の相談員として働きだすと、初めのうちは利用者様やご家族に振り回されることも多く大変のようです。昔のことを今のことのように言ったり、不満を相談員に八つ当たりしたりといったことは日常茶飯事のようです。

障害者支援の相談員

病院などの医療機関で働くには?

病院医療機関でも相談員が働いています。特に、保険医療機関などでは社会福祉の立場で、患者様やご家族の抱える問題を解決したり、援助したりして、社会復帰の促進を行います。

経済的や心理的な問題の解決を手伝うことも多く、医療機関で働く相談員は、医療ソーシャルワーカー(MSW)と呼ばれています。病気の治療だけでは解決しない問題も多く、経済的や心理的や社会的な問題を医療ソーシャルワーカーが解決に導く必要があります。

医療ソーシャルワーカー(MSW)

入院している患者様やご家族の悩みに対しするアドバイス以外にも、退院後の暮らしや介護に関する相談にも応じます。そのため、介護保険制度についてはもちろん、その他の医療制度の仕組みも知っておかなければならず、多くの知識を有します。

医療ソーシャルワーカーの具体的な仕事内容は以下のようになります。

  • 病気や医療費や生活費に関して不安な患者さんの相談にのる
  • 各種施設の利用や家での介護を希望するときの手続きを手伝う
  • 誰に対して相談したらよいかわからないときに、親身になって相談にのる

病院から施設に移る場合など、退院後の悩みも相談を受ける際はケアマネジャーとの連携も必要です

医療ソーシャルワーカーは無資格でもなれる?

医療ソーシャルワーカーとして働く場合に必ず必要となる資格は無く、無資格でも働くことは可能です。

しかし、採用条件として社会福祉士精神保健福祉士の資格所有者という条件を提示している求人も多いので、アピールポイントとなる資格は取得しておくべきでしょう。

高齢化社会において、病院から介護施設への移るケースも多く、医療ソーシャルワーカーの必要性は高まっています。

まとめ

このように、相談員は様々な職場で必要とされています。介護や医療の現場、さらには地域に密着した仕事も多くなっています。

しかし、すべての相談員に共通して言えることは、利用者様や患者様の立場に立って、寄り添いながら問題を解決していく仕事ということ。資格や経験も必要ですが、親身になってサポートするスキルや、コミュニケーション能力が大切になってくる職業のようです。

生活相談員の転職におすすめ 求人サイトランキング

Copyright(c) 生活相談員のお仕事 All Rights Reserved.